[ブログ]稲葉さんひとり仮装大会~暇人の遊び~

今日は写真フォルダの整理をしていたら発掘された、

私の歴代仮装メイク画像を供養のつもりで大公開していきます^^

 

激暇ぶっこいていた大学時代は特にメイクしまくっていました。

ゾンビーナというゾンビ仮装集団が経営するゾンビバーや、代々木公園を歩くゾンビウォークにしょっちゅう参加して、

「ゾンビメイクができる仕事がしたい」と本気で思った時期もありました。

 

 

では最初に通常時をの稲葉をご覧いただきましょう。

cropped-bb63eefefae0fe76f3bf2315c0388afe.png

これがいろんな顔になりますよ☆

 

まずこちら。

仮装メイクファイル1、骸骨さん

IMG_0326

わりとお気に入り。

首まで白塗りして、黒で自分の骨の形に合わせてシャドーを作ることで白骨化してみました。

すごく小顔効果あるので丸顔もカバーできます☆

 

さぁ、どんどん参りましょう。

仮装メイクファイル2、顔だけジグソウさん

IMG_0213

これに関してはなんか微妙ですが、

自分がジグソウ好きだからいいんです。クオリティとか気にしない。雑すぎるけど。

とにかく白塗りが好き。おしろいを顔に塗り始めた瞬間の、「あ~やっちゃった、もうやるしかない」感がタマラナイ。

 

仮装メイクファイル3、アメリカンポップ イラスト風

IMG_0707

これも個人的にお気に入り。

顔に線をちょっと引くだけでイラストみたいになりますね。一時期仮装界で流行ったメイクです。

濃い眉毛とか睫毛とか、大げさに描くのがたのしかった。

 

仮装メイクファイル4、口裂けさん

IMG_0467

夜中にひとりでメイクしてて、ハサミもった姿がガチで怖くて自分の顔を鏡に映せなくなるという懐かしい思い出が。

なんともアホらしいww ビビりのくせに怖いの好きなんです。

裂けた口は、濡らしたティッシュを口の端にメイク用接着剤で貼り、肌の色と馴染ませてから血のりで色づけ。

そうすると裂けてボコッとした感じが表現できます。

 

仮装メイクファイル5、逆さ十字のシスター

IMG_3081

懐かしい、私が地下のハロウィンパーティーに参加していた頃の仮装です。

今でこそハロウィンは「うぇーいww」系の人々のイベントに成り下がっていますが、

7年前か8年前には、地下でひっそりと仮装パーティーが行われておりました。

基本みんなマリリン・マンソン風の悪魔コスだったなぁ。

かわいいアリスや口に血糊つけただけのミニスカポリスたちは、

本気でゾンビメイクしている女の気持ちを考えたことがありますか?

かわいさなんていらない。ハロウィンは、キモくて結構。

 

ではでは、そんな私の我流ゾンビ。

仮装メイクファイル6、外国風ゾンビメイク

IMG_4623

公園にておこなわれたゾンビウォークなので、

メイクする場所がなくてだいぶ軽めですが、カラコン入れたらそれっぽくなる。

ゾンビメイクのポイントは、おしろいを奇麗に伸ばして塗るのではなく、

ジョーカーみたいにあえてべたべたパサパサに汚く塗ることかなぁ。

日本人の肌の色でゾンビメイクすると安っぽいので、やっぱり白塗りは必須で、私はいつも海外ゾンビ風にする。

IMG_4609

まぁ、カラコン一つ紛失して片目のゾンビが偉そうにすみませんwww

おしろいを奇麗に塗ると上の写真みたいに、ただ真っ白な顔の人になるので、

できるだけ灰色とか土気色で腐った感を表現しましょう。

 

 

というわけで、まだまだありますが大量すぎるので代表的なものだけで。

私は孤独にひっそり仮装メイクするのが大好きです。

ひとりっ子だからでしょうか、ひとり遊びが得意なのかもしれません。

リビングでにやにやしながら仮装メイクしていると、

「また気色悪いことしやがって」と父親が冷ややかな眼を浴びせてくるのですが、

なんといわれようが好きなものは好きなんです。

 

それでは最後、おまけにこちら。

私の好きな歌舞伎メイクでお別れです。

634

ひとりでメイクしててテンションあがりすぎて、居てもたってもいられず、興奮冷めやらぬままコンビニへ出かけたとき。

ハーゲンダッツ買っていたら、店員さんが「罰ゲームですか?」と写真撮ってくれましたよ。

帰りは急に冷静になってマスクつけて帰りました。

 

メイクをすると新しい自分に出会える気がします。

コスプレとはまた違う、己を捨てる瞬間。なにも怖いものはないという強い心が持てる気がします。

まだまだやってみたいメイクはたくさんあるし、

いろんな場面で使い勝手よさそうなウィッグもほしいな。

 

おしろい、カラフルなメイク道具、血糊、傷テープなど一式買いそろえて、さぁ、

今年のハロウィンは気持ち悪い系でやってみませんか??