[ブログ]女子力とはなにか

週末に、大学時代の友人と「女子の極み会」をやる予定です。

 

女子の極み・・・・・・

バリアンという女子会プランのあるホテルに泊まり、

私たちの考えつく限りの女子力溢れることをしまくろうという、そういう会です。

 

それをやるにあたって最近、女子力とは、ということをすごくよく考えておりました。

 

そして、私の思う女子力とはかわいい力という結論に至りました。

メイクがかわいい、爪がかわいい、洋服がかわいい、

お菓子作ってかわいい・・・・

 

かわいい自分でいるために美容に気を付けて、週末には運動をして体型維持に努め、

どうせ食べるならかわいいものを、とカフェで盛り付けのかわいいご飯を食べ、

自宅でもかわいいパジャマを着る。

 

みたいな。

 

よく聞かれる意見として、

「料理できて、綺麗好きで、裁縫が得意だと女子力高い」

とかいうのがありますけど、私はそれ、猛反対いたします。

もちろん私もそう思っていた時期がありました。

考えあぐねた結果、「女子力高い人っておばあちゃんみたいな家事能力保持者のことなのか・・・?」

と思いかけたけれど、それはやっぱり違います。

 

上記のものは女子力以前に人間としての生きる力、人間力です。

少し前の時代まではできて当然。

当たり前ですよね?(※この場合、自分のことは考えないものとします)

 

第一、今や女性の社会進出が当たり前で、

家事も分担したり女性だけに押し付けないという考え方が一般的になってきた世の中。

家事=女子力としてしまうのはいささか時代錯誤な気もいたします。

 

つまり、女子力のありかはそこじゃあねーんだ!!

 

日々の料理ではなく、別にやらなくても暮らしていけるようなお菓子を作るのが女子力であり、

ほつれた洋服の手直しではなく、テーブルクロスに刺繍を施すのが女子力だと私は思うのです。

 

女らしくてかわいくて。

それが女子力なのだと。。

 

 

 

そうそう。

先日、スパに行ってきました。

岩盤浴で汗を流し、エステをするという、女子力上段位所持者っぽいことをしてきました。

エステティシャンのお姉さんから腹の肉を抓まれながら、

「これ放ってほくと大変なことになる」

と、この世の終わりみたいな声で言われて戦慄しました。

 

そして夕飯。

オシャレでヘルシーなところがいいね、と言いつつ、思いのほか普通の居酒屋に入ってしまったので

仕方がなくメニューの中から一番女子っぽい物を選んで注文しました。

それがこちら。

IMG_5612 (1)

ヘルシーな馬肉のカルパッチョ、トリュフとトマトのチーズフォンデュ、野菜パフェ。

うん、がんばった。揚げ物食べたかったけど、耐えた。

 

そしてドリンク。

ミドリムシサワー・・・

 

一時期健康志向な人々の間で流行りましたよね?

なんか、自由が丘あたりにたくさん店があったようなイメージ。(適当

 

「とりあえずこれ頼んでおけば間違いないんじゃない? え、女子的に合ってるよね??いいよね??」

と、どんな感じかもわからずとりあえず注文。

IMG_5610 (2)

サワーにこんなのがついてきました。

これを入れるらしいです。もう怪しい。

 

そして。

IMG_5611 (1)

サワーに粉を浮かべると、完全にこれ漢方やん。

一応、写真加工してみたけども!!

一気にばばくせえ!!なにこれ全然想像と違う!!!

 

隣の席の女子二人をちらっと見遣ると、普通に白ワイン飲んでるのがオシャレで、

見た目的にあっちのほうが正解だったわ・・・と悔しく思うと同時に、女子力って難しいなと改めて再認識しました。

 

道は険しい。

 

何度も云っているように女子力はかわいい力で、自己プロデュース能力のことを差すと思いますが、

かといって内面も教養があって美しくなくてはいけません。

外見ばかり気にしていると

「女子力(笑)高いねww」

と周りからバカにされます。

そこは気を付けないといけませんね。

 

うーん、課題はいっぱいだ。

 

 

ちなみに私、スパに行く時に下着をスーパーのビニール袋に入れていたのですが、

それを母に見つかり、

「何そのゴミ袋。汚い」

と罵られ、可愛らしいレースのポーチを貸してもらいました。

 

なるほど、私の女子力の低さはこういうところからくるのです。

スパにいくという行為まではよくても、詰めの甘さが出て、

かわいいポーチを持っていこうというところにまで気が回らないのです。

 

「女子の極み会」で少しでも力を引き上げられるよう、もうちょいがんばってみます。

今後の私に期待していてください。