ポールダンスを習うと本当に「大人の色気」が出るのか試してみた

ポールダンスを習うと本当に「大人の色気」が出るのか試してみた

 

「今年の目標は、アラサ―として色気のある女になること!」

 

高校生の頃は――

27歳というと完全なる大人の女性というイメージで、

ヒールでかつかつケツふって歩き、髪をかきあげ、足を組み替えるだけで男を悩殺できるようになる

と思っていました。

 

色気って、大人になれば自ずと出てくるもの。

年齢を重ねることで滲み出てくるもの。

 

いまから10年前の若い私はなぜかそう思っていたのでした。

 

 

しかし現実はどうでしょう。

みんな誕生日を迎えるたびに
「想像してた27歳と違う!」とか「もっと大人だと思ってた!」
と言います。

 

私の場合、

仕事帰りに赤提灯の大衆酒場やでひとり酒、日本酒とあん肝は涙がでるほど美味しい。

帰宅後は野球中継を見ながら罵声をあげる。くしゃみは大きい。あくびも大きい。

 

これでは、大人を通り越してオヤジ。

 

おやじみたいな女、というかオヤジ。

 

 

とはいえ性質が悪いのは、完全に女子を捨てたわけではないところです。

 

美容グッズは異常な量を所持しており、時々お風呂にアロマを垂らしたりしちゃって、必ず顔マッサージをしてミストを浴びて眠る。食後のお紅茶も欠かさない。お菓子作りも大好き。

 

と、私の中にはまるで二重人格のように女子とオヤジが共存しているから厄介です。

 

これでは、私の目指す、当たり前になれると思っていた素敵な27歳とは程遠い。

色気を無理やりにでも手に入れなければ。

 

私は考え、一つの答えにたどり着いたのでした。

 

「そうだ、ポールダンスを習おう」

 

 

 

というわけで!

先日、はじめてポールダンス教室に行ってまいりました!笑

 

ポールダンスといえば色っぽいダンス、というイメージがあります。

セクシーな仕草をいれたダンスで、ただ細いだけでなく引き締まった最高にエロい身体をしてる。

大開脚をしてくるくる回ったり、髪をかきあげてくるくる回ったり、ヒールを履いてくるくる回ったり・・・

とにかく、くるくる回っている。

 

私は、探偵社の社長に連れて行かれた関内のクラブでオカマが回っているところしか見たことがありませんが、

それでもポールダンス=色気というイメージは覆ることはありませんでした。

 

入会金は無料、チケット制なので無理だと判断すればすぐにやめられるところも魅力的なスタジオでした。

入ってみると、金髪の美しい先生がお二人。

 

スタジオには当然のことながらポールがたくさんあって、なんだか興奮してきます。

 

とはいえ生徒たちがイカツい女子だったら・・・という不安はあります。

ポールダンスをやる人間は、きっとクラブに通っていて、踊りが好きで、
日焼けマシーンで身体を焼いているんだ、そして金髪なんだ。

 

自分を棚に上げて、そんな偏見を持っていました。

そんな生徒だったらビビッてしまいます。

 

 

しかしどうでしょう。

来ていた生徒さんは私と同じ黒髪。
健康的に短パンを履きこなす、部活に打ち込む中学生みたいな雰囲気がありました。

 

とりあえず安心した私は、先生の姿が一番よく見えるど真ん中を陣取ります。(いきなり大胆

まずは先生と一緒にストレッチから開始。

 

なぜか前日にビリーザブートキャンプ(懐)をがっつりやってしまったため、

普段からかたい身体が筋肉痛でますますかたーくなっていて恥ずかしかったです。

 

ストレッチ後はさっそく基本の回転から。

先生の回る様子を見て、真似をしてやってみるのですが。

IMG_8526

なんか汚い。真剣な顔してますが。
でも意外と回れる。

 

昇り棒も昇れない、ウンテイもできない私ですが、
遠心力で回転することはなんとかできそうでした。

IMG_8528
シュッ(躍動感ある)

 

回りまくった掌の匂いは、まるでジャングルジムで遊びまくった小学生のそれ。

 

手も摩擦で赤くなっていくし、
腕も筋肉が痛い。

着替えのときに他の生徒さんが
「腕の変なところの皮膚が剥けたり、マメができたり知らないところに痣が出来てたりするよ~!」
と教えてくれました。やはりわりとハードみたいです。

短パンを履いていなかったので昇る動作は習えなかったのですが、
それでも一回のレッスンで充分勉強になりました!

 

なんだかハマってしまって、翌日にもまた回りたくて仕方がなかったです笑

 

私の思惑通りいけば、これからどんどん色気が増していくと思います。
そして公園で昇り棒を見つけるたびにくるくる回るようになると思います。

痩せる効果もあるのか、筋肉が引き締まるのか。
そのあたりもまたちょくちょくお報せしますね☆